H-EVO RFIDシステム H-EVO RFID System

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 
  mixiチェック  

H-EVO RFIDシステム

H-EVO ワンタイム認証方式によるRFIDセキュリティシステム

H-EVOとは

【暗号アルゴリズム試験及び認証制度(JCMVP)の暗号アルゴリズム認証取得済み】

「H-EVO」RFIDシステムは、RFIDカードに書き込まれたデータを強固なセキュリティで情報漏洩を防ぐことができる暗号化モジュールです。
IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が運営しているJCMVP(暗号モジュール試験及び認証制度)の暗号アルゴリズム実装試験に合格した製品として、暗号アルゴリズム確認を取得しました。
高度暗号化が施されているため、RFIDカードが万が一盗難にあったとしてもカード内に記録された情報を解読されることがありません。
 RFID_sys01

H-EVOのワンタイム認証方式とは

【ワンタイム認証方式 暗号化モジュール H-EVO(エイチ‐エボ)】

読取り装置でRFIDカードの認証を行うと、毎回カード内部の情報を暗号化し直します。
読取りの度に暗号化/復号を実行して、必ず違う暗号鍵でカード内情報を暗号化するため、不正に読み取られたり、成り済まして不正使用することが不可能です。
 

構成図

RFID_sys02













 

暗号化とは

【電子政府推奨暗号リスト 共通鍵暗号AESで強度の高い暗号化モジュール】

暗号化には主に3種類あります。公開鍵暗号、共通鍵暗号、ハッシュ関数の3つです。
「H-EVO」は、共通鍵暗号に分類されるAES(Advanced Encryption Standard)という暗号方式を採用しています。
AES暗号は、2000年にアメリカの標準暗号DESの後継として認定され、米国政府標準暗号として米国政府向けのハードウェア、ソフトウェアに搭載されています。
また、欧州暗号標準プロジェクトのNESSIE(New European Schemes for Signatures, Intergrity, and Encyption)で認定を受けたり、日本では2005年に電子政府推奨暗号に選出されたりと、世界的に急速に普及していくと考えられる暗号方式です。
なじみのあるところでは、無線LANの認証プログラムであるWPA2(Wi-Fi Protected Access)にもAES暗号が採用されています。 

 

マイナビ2018
Inquiry2
システム開発

banner1

H-EVI

SNSボタン

­i­x­i­チェックT­w­e­e­t­
マイクロソフト オンライン・サービス
side_bnr_6
Pmark06
株式会社ハイスポットは2005年10月11日付けで、財団法人日本情報処理開発協会認定の「プライバシーマーク」を取得しました。
ページ最上部へ